洋服の収納が苦手でした。。

「洋服を収納するのが苦手」「上手に収納することが出来ない」「収納の仕方が分からない」
このように感じているという方は、多くおられるのではないでしょうか。

 

クローゼットに収納された洋服

 

インテリア雑誌などでおしゃれなお部屋を見て、素敵だなと感じて真似しようとしても、
気づいたらクローゼットに詰め込んでいるだけという経験をされた方もおられると思います。

 

洋服を収納することって、簡単そうで意外と難しいですよね。

 

そこで、洋服を上手に収納する方法や、いらなくなった洋服を賢く処分する方法について、
オススメのサービスなどもご紹介していこうと思います。

 

 

洋服の収納のコツは?

 

洋服の収納方法について、悩みを抱えておられる方が多いのではないでしょうか。
ここでは、洋服の綺麗な収納について、どのような方法があるのかを見ていこうと思います。

 

 

まずは洋服を分類する!

 

洋服を綺麗に収納するためには、まず分類してくのが一番です。

 

【第一分類】

 

  • よく着る服や良く使用する小物類
  • あまり着ない服やあまり使わない小物類
  •  

    【第二分類】

     

  • 畳むべき洋服・・・Tシャツやセーター、デニムなど
  • 吊るす・掛けるべき洋服・・・コートやジャケット、スーツなど
  •  

    【第三分類】

     

  • シーズンもの
  • シーズンオフのもの
  •  

    大まかですが、このように分類していくことによって、
    クローゼットに着る服と着ない服がごちゃごちゃになってしまうことを防ぐことが出来ます。

     

    もちろん、分類したものはそれぞれに収納しなくては意味がないですよね。
    では、どのような収納方法がいいのか、どのような収納方法が綺麗に見えるのかなどを見てみましょう。

     

     

    便利な収納アイテムを活用する!

     

    洋服を綺麗に収納するには、コツがあります。
    ただ単にクローゼットや箪笥に畳んで入れるというだけでは、綺麗とは言えませんよね。

     

    そこで、収納アイテムを使用するという方法があります。
    収納アイテムには、様々なものがあります。

     

    洋服を整理整頓して収納

     

  • カラーボックス
  • 収納ボックス
  • ハンガー類(様々な種類や形のもの)
  •  

    このようなものは、100円均一やインテリアショップには必ず置いてあるものばかりですよね。
    これらを上手に使用することによって、綺麗に収納することが可能になるのです。

     

    どれも全てクローゼットに入るサイズのものを選べば、綺麗に収納できますよ。

     

    カラーボックス

     

    カラーボックスには、様々な模様や色がついていますよね。
    部屋の雰囲気とボックスの色や模様をあわせることによって、クローゼットの中だけではなく、
    部屋に置いて、インテリアの一部として使用することも出来ます。

     

    カラーボックスの中に仕切りを作り、洋服のカテゴリーごとに分けて収納することも出来るので、
    ひと目見て何が何なのかが分かるようになります。

     

    ただ片付けてあるというだけではなく、取り出しやすかったり見やすかったりすることも大切ですよね。
    中には、カラーボックスを使用して、カウンターやテーブルを作成してしまう方もおられます。

     

    収納ボックス

     

    収納するために作られたボックスですので、自分で手を加える必要がなく、とても便利です。
    仕切りがはじめから付いているものや、もちろん取り外せるものまで、多くの種類があります。
    小物類や、洋服を分けて収納できますので、お部屋もクローゼットも一気に片付きますよね。

     

    シーズンものとシーズンオフのものをそれぞれの収納ボックスに分けておくことで、
    ごちゃごちゃになってしまうことを防ぐことが出来ます。

     

    また、シーズンオフのものは収納ボックスに入れて積み重ねておくことも出来ますよね。

     

    ハンガー類

     

    掛けたり吊るしたりして収納する洋服は、ハンガー類を使用して洋服を掛けておきますよね。
    コートやスーツなどは、ハンガーの種類なども大切になってきます。

     

    肩の綺麗なラインを保っておくために、それぞれの洋服に合ったものを選びたいですね。
    針金で出来ているハンガーなどであれば、靴を飾ったりする際にも形を変えて使用できます。

     

     

    こんなものも洋服の収納に活用できます

     

    洋服を収納するためには、上記のような定番アイテムのほかにも、様々なものが使用できます。
    これらを使用することによって、おしゃれに、より見やすく収納することが出来ますよ。

     

  • 本棚
  • ポール
  • 連結フックやS字フック
  • 圧縮袋
  • ファイルスタンド
  •  

    これらは一部ですが、こうしてみてみると「こんなものも?!」と思ってしまうアイテムが多いですよね。
    では、どのように使用できるのか、見てみましょう。

     

    本棚

     

    本棚を使用し、中にラックなどを入れておけば、小物を整理するのに役立ちます。
    下着などを収納する際にも、取り出しやすく片付けやすくなります。

     

    もちろん、トップスなどを畳んで収納するということにも使用しやすいですよね。

     

    ポール

     

    大体のクローゼットには、一本だけポールがあり、そこにハンガーなどを掛けて使用しますよね。
    ですが、それだけでは収納できる容量が足りない場合もあります。

     

    そこで、クローゼットに入れた収納ボックスやカラーボックスとの間などに
    さらに何本かのポールを追加することによって、より多くの洋服が収納出来る様になります。

     

    トップスだけではなく、シワになってほしくないスカートやその他の衣類なども、
    ハンガーにかけて収納することが出来る様になりますよね。

     

    クローゼットの上半分はトップス、下半分はボトムなどといった空間の使い分けも可能になります。

     

    連結フックやS字フック

     

    フックなんて洋服の収納に役立つのかと疑問に思われるかもしれません。

     

    S字フックなどは、鞄やアクセサリー、ベルトなどを収納する際にもとても便利なのです。
    もちろん洋服を収納する際にも役に立ちますよ。

     

    ズボンのベルトを通す部分をS字フックに引っ掛けるようにして収納することで、
    畳むのが面倒な方であってもすぐに片付ける事が出来ますよね。

     

    ちょっとしたおしゃれなショップ感覚で収納することも出来ます。

     

    圧縮袋

     

    圧縮袋は、収納に関してはまさにお助けマンですよね。
    シーズンオフの洋服などを圧縮して収納ボックスにしまっておくということも出来ます。

     

    圧縮袋はたくさんの量を安く購入することも出来ますので、たくさん所持していると便利です。
    セーターなども圧縮してしまえば、かさばらずに済みますよね。

     

    ファイルスタンド

     

    ブックスタンドやファイルスタンドも、洋服の収納に使用できるのです。
    先ほどのご紹介した圧縮袋などと併せて使用すれば、かさばるものを圧縮し、
    スタンドに立てかけるなどして収納することが出来ます。

     

    圧縮してから収納ボックスにしまうというのもいいですが、より取り出しやすくするという意味では
    ブックスタンドなどに立てかけておくという方法のほうがいいかもしれません。

     

     

     

    このように、アイテムの使い方次第で、洋服の収納がしやすくなるのです。
    意外なものでも工夫してみると、素敵な収納方法になったりするかもしれないですよね。

     

    素敵な収納といえば、インテリアとして洋服を収納するという方法もあります。
    以下、そのことについて詳しく見てみましょう。

     

     

    あえて見せる収納方法!

     

    素敵な収納方法として、海外ドラマなどが好きな方であれば、
    ウォークインクロゼットや、あえて洋服を部屋に並べ、
    見せて収納するという方法に、一度は憧れたことがあるのではないかと思います。

     

    なにも、洋服や小物を必ずクローゼットに収納しなくてはならないわけではないですよね。
    「あえて見せる=オープンクローゼット」という収納方法だってあるのです。

     

    たくさん並んだおしゃれなハンガー

     

  • 天井にポールを使用して、部屋の高い位置に洋服をかけるようにする
  • カラーボックスを使用して、好きな形に積み重ねる
  • 天板などを使用し、その下にポールを付け、ショップのように洋服をかけておく
  • デニムなどを本棚に収納する
  • 板を何枚か使用し、段差を作ってデニムやTシャツなどを畳んでおく
  • 部屋の雰囲気に合わせて、ラックや鏡、ハンガーなどを統一
  • 靴が好きな方は、キャビネットなどに収納
  • レースのカーテンを使用し、少しだけ見せる収納
  • アクセサリーなども飾るようにして収納
  •  

    このような方法で、オープンクローゼットとして楽しむことも出来ます。

     

    おしゃれな見せる収納方法

     

    空いている部屋がある場合には、その部屋にポールや天板を使用しておしゃれに統一し、
    全ての靴や鞄、洋服などを見せて収納しておくことで、
    ウォークインクローゼットとして、ショップのような収納を楽しむことも出来ますよね。
    寝室をこのように作りかえることによって、一気におしゃれになりますよ。

     

    ショップのようなおしゃれなディスプレイを自宅で

     

    このように、洋服をインテリアの一部として使用するというのも、素敵な収納方法です。

     

     

    小物収納のコツ

     

    洋服と同じくらいかさ張ってしまうのが、小物類ですよね。
    綺麗に収納するには、小物にも気を遣う事も大切になってきます。

     

    小物を収納するには、どのような方法があるのか簡単に見ていきましょう。

     

     

    下着類

     

    下着類を収納する際には、仕切り板を使用すると便利です。
    仕切り板をカラーボックスや収納ボックスに使用し、下着一枚ずつ入れられるようにすると、
    取り出しやすいですし、見やすくなりますよね。

     

    下着を収納する際には、一枚ずつ分けて収納できるようにすることがポイントでもあります。

     

     

    ベルト

     

    ベルト類は、ハンガーやS字フックなどを使用して、つるしておくという収納方法があります。
    この方法であれば、クセがつくこともなく、綺麗に収納しておくことが出来ますよね。

     

    また、片付けやすく取り出しやすいというのも便利です。
    見せる収納であっても、おしゃれに統一することが出来ますよね。

     

     

    鞄など

     

    鞄などをクローゼットに収納する場合には、タオルかけなどが便利です。
    タオルかけに連結フックをとりつけて鞄をかけておくだけで、とてもスッキリしますよ。

     

    見せる収納が好みの方であれば、鞄を天板の上に並べておくというだけでも素敵ですよね。
    鞄を集めるのが趣味な方も多いので、クローゼットに収納するよりは、見せる収納の方がいいかもしれません。

     

     

    靴など

     

    靴などは、ハンガーを使用して綺麗に収納することも出来ます。
    針金のハンガーであれば、好きな形に折り曲げることが出来ますので、靴に合わせて形を変えることが出来ます。

     

    本棚やクリアキャビネットなどを使用して、あえて部屋に飾るという方法もいいですよね。

     

     

    マフラーなど

     

    マフラーやスカーフといったものは、ワインラックで収納するという方法があります。
    個別に収納できる他、おしゃれに収納することが出来るのでオススメです。

     

    仕切り板を使用して、個別に収納するというのも良いですよね。

     

     

     

    洋服や小物などは、このような収納方法がオススメです。

     

    ですが、着なくなってしまった洋服などは、収納しておくことが難しいですよね。
    いくら圧縮しようがいくら綺麗に収納しようが、もう着ない服は肥やしになってしまいます。

     

    そこで、着なくなってしまった服を賢く処分する方法を以下でご紹介します!

     

     

    着なくなった服の賢い処分方法とは?

     

    洋服の中には、傷がついてしまったものや、デザインが古くなったもの、体形の変化で着れなくくなったもの、
    ファッションの系統や好みが変わってしまったなどの理由で、もう着なくなった服もありますよね。

     

    そういった、着なくなってしまった洋服の処分方法に困っている方も多くおられます。
    そこで、収納方法とは別に、このような洋服を賢く楽に処分する方法をご紹介します。

     

     

    宅配買取がおすすめ!

     

    着なくなった服を、賢く楽に処分する方法として一番いいのは、買取をしてもらうという方法です。
    買い取ってもらえれば、お小遣いにもなりますし、良いですよね。

     

    ただ、処分したい洋服をお店まで持って行くというのは、忙しい場合には大変ですし、面倒です。
    そこで、自宅に居ながら、全てを完了させることが出来るというサービスをご紹介します。

     

    ブランディア公式サイト

    宅配買取サービス【ブランディア】

     

    ブランディアは、宅配買取を行ってくれるサービスです。
    洋服を自分で持って行かなくても、郵送するだけで買い取ってもらえて、査定も完了するんです。

     

    ブランディアは、買い取ってもらうまでの手順がとても簡単なのです!

     

    1. ネットで無料宅配キットを注文
    2. 届いた梱包箱と梱包材を使用して、洋服や小物を詰める
    3. 電話一本で集荷
    4. 査定・振込みが完了

     

    たったこれだけです。自宅にいながら全てが完了してしまうという、とても便利なサービスです。

     

    査定・キャンセル料・振り込み手数料など、全てが無料ですので、気軽に利用できます。
    しかも、最短3日で振込みが完了するという、スピード対応なのです。

     

    毎日仕事で忙しい方や、家事・育児に追われている方などに、とてもオススメです。
    もちろん、査定額も適正価格ですので、安心ですよね。

     

     

    ブランディア公式サイトはこちら

     

     

    このようなサービスを利用することで、賢く楽に洋服を処分することが出来ますので、
    洋服を収納した後に、不要となった洋服が出てきた場合には、是非一度試してみてくださいね。

     

    洋服収納、どうしてる?【みんなの体験談】

    洋服の収納って永遠のテーマですよね。
    ここでは、いろんな年代や家族構成の方に、洋服の収納をどうしているかについて聞いてみましたので、紹介していきたいと思います。

     

    一人暮らしの時に収納方法を買えたらいらない服がわかった(30代前半女性、愛知県)

     

    服を「捨てる」という感覚がまったくなかった実家ぐらしのときの自分。
    子供の頃の服ですら親が大事に保管していたので、ある程度着用サイズが変わらなくなったらただただタンスの中に蓄積されていき、入り切らない分は部屋の隅にたたんで積んである状態でした。

     

    今思えばものすごく不思議な光景です。

     

    一人暮らしの際に荷物を厳選し、普段来ているものだけを選別して持っていきました。
    ワンルームの小さな部屋には収納も少ないですし、持ってきた服だけで十分事足りていることがわかりました。

     

    部屋は狭かったのですがクローゼットはそれなりに収納力があったので、伸びてしまうのが気になるニット類以外は全てハンガーで収納することにしました。
    洋服が見やすくなって着用を続けているうちに頻繁に手に取る服といつまでもクローゼットの澄でかかりっぱなしの服が明らかにわかるようになりました。

     

    これって、いらないんじゃ・・・。

     

    そう気付いた時、「実家にある服もいらないんだ!」と、なんだか天啓を受けたように目覚め、自分のもつ福をどんどん厳選して、収納スペース以下の服を持つ意識が出来上がりました。

     

    着ない洋服に場所を割く必要はない、これらにも家賃がかかっている!と考えると、快適に生活したいという思いから手放すことに抵抗がなくなります。
    何度か着たことはあるものの、ほとんど新品同様である着ない服たちは、捨てるにはもったいないですし、切り裂いて掃除に使う・・・という気にはなれません。
    悩んだ結果初めて古着買取に持ち込みました。

     

    なんだか自分の服のセンスを問われるような気がしてはじめは躊躇したのですが、案ずるより産むが易し、システマティックに買い取ってもらえ、(けして多くはありませんが)ちょっとしたお小遣いにもなり、必要な人にまた着てもらえるということで「整理してよかった」と思えました。

     

    ハンガーがけ収納は今も続けており、新しい服を購入した後着なくなる服というのも自然にわかるようになっています。
    なにより、洗濯したものをそのまま収納できるという点でもハンガー収納は便利でおすすめです。

     

     

    面倒臭い・・・と戦うために、整理は年一回(30代後半女性、兵庫県)

     

    物を片付けるときに出てくるのは「面倒くさい」といううんざりした感情ですよね。これがやっかいで、一度面倒臭いと思ってしまうともう適当なところで終わらせてしまうようになります。

     

    ですから、今日はクローゼットの整理をする、と決めたら一日予定をいれずにあけましょう。年に一日でいいですし、季節も自分の余裕がある時でいいのでその時間を取ることがおすすめです。私の場合、年に一度クローゼットの整理をする!と決めた日以外は整理はしません。それで面倒くささとバランスをとっています。

     

    まずは断捨離的考えで、ここ1年着ていない服はサヨナラします。1年もあったのに一度も袖を通していない服は、これから先も着ることはありません。着てないなと思った服はそれが例えばパーティー用の一張羅であってもクローゼットから出して床に置きましう。こうして使ったもの、使っていないものをきっちりと分けます。

     

    そしてクローゼットの中が1年に一度は着ている服だけになったところで一度クローゼットを閉めます。これで目の前に残ったのは、床に散らばる去年一度も着ていない服だけです。この中で購入した時に値段の高かったもの、ブランド物、まだ綺麗なものをより分けます。これらはネットオークションで販売したり、リサイクルショップに持っていき、少しでもお金に変えています。

     

    オークションの方がお金になることが多いので、その売り上げ金はネット銀行に貯めておき、また新しい余所行きの服が必要になった時の資金にします。体型や肌の色などは変わるので、その年齢の自分に一番合うドレスやスーツを着るのが良いと私は考えますので冠婚葬祭や仕事にも使える真っ黒のスーツ以外はマメに取り替えます。

     

    売ることが出来ないと判断した服はありがとうとお礼を言って捨てます。この時お礼を言うことで罪悪感をなくしています。

     

    床の上が綺麗になったら、またクローゼットを開けます。ハンガーにかかっているものはその場で色分けをします。大雑把でいいので、黒系、青系、ベージュ系と分けるのです。これで足りないもの、不必要に多いアイテムが判ります。ニットやセーター類、下着類はクルクルとまるめて収納しますが、これも自分が決めた収納からはみ出るほどであればいくつか減らします。

     

    これを守っていれば、一年後でもクローゼットからはみ出すほどの衣服で溢れるということはなくなりますよ。

     

     

    いろんなジャンルの洋服が好きで増えすぎてしまった洋服(40代後半女性、宮城県)

     

    私は俗にいう「安物買いの銭失い」とか「気倒れ」と言われるタイプでした。
    子供の頃からファッションが好きで、少ない洋服を着まわしたりベルトなどの小物でアレンジしたり、自分で洋服をカットオフしたり、ミシンを使って作ったり。

     

    学生時代もアルバイトしたお金は全部洋服につぎ込んでいましたし、社会人になると歯止めがきかないくらい洋服ばかり買っていたんです。
    仕事に着て行く洋服と私服はキッチリ分けていたので、大雑把に言えば人の倍は洋服を持っていました。自宅には、自分の部屋にある押入れを改造した押入れクローゼットと小さな洋服ダンスがありました。

     

    それ以外の洋服は自室の隣に物置兼衣装部屋に置いていて、衣装ケースで8個、洋服ダンスで一つ、クローゼットと洋服が常にパンパンの状態でした。
    その溜まりに溜まった洋服を今年、思い切って断捨離しました。

     

    買い集めるのに時間もお金もかかったエスニック系の洋服は捨てられないので衣装ケース2個にまとめて押入れに収納しました。
    ハイブランドの洋服も勿体なくて捨てられずにいましたが、ホームクリーニングをしてからリサイクルショップに持参しました。
    冬物のコートが多かったので、まだ着られる物や状態の良い物は知人に譲ることにしました。
    そして、流行が過ぎてしまった洋服や痛みがひどい物は迷わず捨てました。

     

    捨て始めると、楽しくなってきてどんどんゴミ袋に入れる事ゴミ袋大6枚分。
    残った洋服も掛ける収納をやめて、畳直して洋服ダンスの中に立てて収納しました。

     

    こんまり先生の収納術は以前から参考にしていましたが、今回は本格的に畳直し、タンスに収納出来ない物、色が多く被っている物を更に厳選して捨てるというルールを徹底した所押入れクローゼットは半分の量になりました。
    タンスもガラガラになり、気持ちもスッキリしました。

     

    それ以降は、一枚洋服を買ったら一枚洋服を捨てるというルールを自分にかして洋服が増えないように気をつけています。
    今、持っている洋服は少ない方ですが生活に何の支障もなく快適に過ごせています。

     

    ハイブランドの洋服はリサイクルショップでも高値がついたのでラッキーでした。
    シワが気にならない洋服や丈が短い物は断然畳み収納がおススメです。

     

     

     

    洋服収納のアイデアとコツは?便利アイテム&おしゃれ収納術! TOPへ